薬膳のこころ〜冬の薬膳茶(2)〜 By 渡辺





今日は「酒粕」を使った飲み物のご紹介です。

 酒粕は日本の伝統的な食材なので薬膳素材辞典などには
分析が記載されていませんが『酒』と同じ効能でよいはずです。

酒粕について先日もテレビで放送されてましたが
現代の化学分析で色々身体によい効能が紹介されてました。

具体的には食事で摂取した脂の吸収を抑えてくれるので
結果悪玉コレステロールが減少する点や、ペプチドの
降血圧効果、NK細胞の活性化、必須アミノ酸や
食物繊維が豊富などなど、飲み物で手軽に摂取できれば
栄養ドリンク並みの効能があり!ですね。

と言うことで、酒粕は大好きな食材なので
薬膳的に酒粕の「温性」と生姜の「発表解表、温中」効果
を相須させて、寒気がある時に手軽に飲める薬膳茶を
紹介します。


『酒粕生姜茶』 〜寒い冬、ゾクゾクっと来たら飲むお茶〜



<材料・効能>

酒粕:温・甘・辛・肝・肺・胃/活血散瘀
生姜:温・辛・肺・脾・胃/解表散寒、温肺止咳、温中止嘔


※好みで甘味を加えますが、黒砂糖か唐黍糖など茶色の糖分が温性です


※酒粕は大量に纏め買いして、冷凍庫に小分け保存してます。
※右は生姜の微塵切りです。
(渡辺は生姜の食感が好きなので細かなみじん切りを用意し
飲む前に一つまみ入れます。)

<作り方>3〜4杯分

ー鯒堯僻帖烹隠娃gを包丁で細かく切る。
(レンジで少し温めると切り易いです)

鍋に水500ccと酒粕を入れ、弱火で溶かしながら温める。

J騰したら黒糖と生姜(適宜)を加える。



・・・実は、皆さんご存知の「甘酒」ですね

嗜好品として飲むのではなく、目的や体質に合わせて
一工夫を加えて摂取すれば“薬膳の心”だと言えます。

ゾクゾクを感じない日も、冬は寒邪により血流や気の流れが
悪くなり凝滞の状態になりやすいので、温かいお風呂に浸かり
温性の栄養たっぷりのドリンクで寒い冬をお過ごしくださいね

あ!酒粕って、美肌効果もあるんですよ〜

(横浜校/渡辺)

薬膳のこころ〜冬の薬膳茶(1)〜 By 渡辺

黒豆 


“黒豆”は言わずもがな・・・・
冬に労わるべき“腎”を助けてくれる素材です。

横浜校のお茶ケースにも受講生さんの寄付で香りのよい黒豆茶が置いてありますね!
(Yさんいつもありがとうございます。)

受講生の皆さんは中医学の勉強が進んでゆくと、数あるお茶の中からちゃんと季節に
沿ったものやご自身の体質に合う物をちゃんとセレクトして飲んでいらっしゃいます。
嬉しい事です。

そこで今回は皆さん愛用の“黒豆”を使った一工夫のお茶をご紹介します。

 

『黒豆豆乳茶』 〜腎を助けるあったかデザート茶〜

黒豆豆乳茶


<材料/効能>

黒豆:甘・平・脾・腎/祛風利水、滋陰補血、活血解毒
※黒豆は炒ると温性になる。

豆乳:甘・平・肺・大腸・膀胱/潤肺化痰平喘、補虚養血、利尿通便

黒糖:温・甘・肝・脾・胃/温中補虚、緩急止痛、活血化瘀

『薬膳素材辞典』 源草社 辰巳洋 主編 より


<作り方>

.櫂奪箸烹械娃娃磽磴瞭ζと適量の黒豆を入れ、沸騰させないように温める

黒糖を好みの分量加える。

2垢瓩燭藥辰蕕蒸らす

※豆はふやけたらそのまま食べられます。


豆乳と黒豆の組み合わせで、かなり濃い〜味わいです。お腹もちもしっかりしているので、週末プチ断食には持って来いで、渡辺はお昼ごはんの代わりにしました。

それから、黒豆もいいのですが、最近気に入ってる商品がありまして、豆乳にこれをサラサラっと加えるだけでも補腎の薬膳茶が手軽に作れます。なんと『黒五』(5種の黒い穀物)が全て入っているのです!




















こ黒米、黒豆、黒胡麻、黒松子(黒松の実)、黒加侖(黒カシス)の組み合わせで「不老長寿食」と言われています!

黒砂糖と一緒に粉末状になっていて、少し甘めですが量を加減して頂くと美味しいですよ〜。


明日は風寒の邪をを感じた時の『酒かす生姜茶』をご紹介します。


(横浜校/渡辺)

図書貸し出し By 渡辺

年末に教室の一角を整理して『図書貸し出しコーナー』を設けました赤い旗



渡辺の個人の持ち物ですが、レイキの受講生さんと話題になった本や
ご紹介頂いて集めたものですから精神世界の本ばかりです。

休憩中など気になる方は見てみてくださいね。
レイキに関する本もあります!

「レイキが気になるけど先ずは本から」と言う方にお勧めの本があります。
「レイキ受講しているけども別の方向からエネルギーについて知りたい」
と言う方にもお勧めの本があります。

お貸し出しもOKですチョキ

ご質問はいつでもお気軽にしてくださいね。
本に関するご意見や情報交換、ご感想なども宜しければ
お聴かせくださいラッキー

また、お勧めの本などございましたらご紹介をお願い致します。

(横浜校/渡辺)

来年もよろしくお願い致します☆ By 渡辺

本日は忘年会です。

たった今皆さんがワイワイやっている間の更新ですイヒヒ

今年はご参加14人でしたが、お仕事やご家族サービスで
ご参加できなかった方も、またの機会に是非ご参加下さいね〜。

今年は手作りのお料理をたくさんお持ち頂きました。
朝から頑張ってくださった方、昨晩から下ごしらえしてくださった方
どうもありがとうございますラッキー

中には聞くも涙・・・語るも涙の物語のお料理もあり
(Yさんってば、朝から焼いてくださったチーズケーキを
完成と同時に何故か床に落としてしまって、作り直しを
するために、スーパーが開くのを待って、また材料を買って
一から作り直して3時間掛けて静岡から来て下さったんです悲しい



M・Tさんは何と大豆から作った超手作り新鮮豆腐で
E・YさんとA・Yさんご夫婦は手作りマリネと
しゃけたっぷりおにぎりと巨大なパネトーネで
男性のSさんは昨晩から漬け込んだ北海道スタイルのから揚げと
Tさん珍しいきくらげの船に乗せた豆腐シュウマイと
Kさんは手羽先のから揚げで
Tさんは中華街のご実家で売っている極旨シュウマイ
Wさんはバターどら焼き、Wさんのチャーシュー
A・Tさんのアップルパイ、林先生の買ってきたけどレイキ入りの林檎
渡辺の薬膳スープ・・・・などなどがテーブルを豪華に飾り
皆さんのお腹と心を満たしてくれました〜ラブラブ



写真が小さくてうまく伝わりませんが・・・・・



それはそれは豪華な宴です。



今年のご参加者さんはあまりお酒を飲まず食べる事と話す事が
楽しいようです。
毎年カラーが違って面白いです。
いつも、似たようなカラーの方達が一気に集まって
交流して、学びあい、高め合ってはこの学校を旅立って行かれます。

横浜校では卒業しても遊びに来て下さる方も多いですが
今日も卒業生さんのT姉さん、H・Kさん、Mさん、Sさん
Oさん、Uさんからお電話とメールを頂き
「忘年会に出られなかったけど、ご挨拶を」と嬉しいご連絡を
頂きました。

暖かいお心を本当にありがとうございました。

横浜校は本日で今年の授業は終わりましたが
来年は5日(水)より通常通りの授業が始まります。

来年も横浜校が高めあい学び合える最高の場所として
益々発展できるよう、講師一同心を込めて頑張ります。

どうか来年も宜しくお願い致します☆

(横浜校/渡辺知里)

薬膳のこころ〜秋冬の薬膳茶(2)〜 By 渡辺

『胡桃と百合根の豆乳茶』


左はデザート風。右はさらっと飲み物にした薬膳茶仕立て。

<材料>

百合根(一株)、胡桃(30g)、豆乳(2カップ)、さとうきび糖(適宜)
黒胡麻(適宜)

<作り方>


 
1)百合根を解し、黒い部分を包丁で取る。(↑写真は処理前です)
モゴモゴ感触がパリパリして解す作業結構楽しいです。



2)レンジで3分蒸します。
※電子レンジを使いましたが、蒸し器で蒸す方が甘味が出て
美味しいと思います。



3)胡桃をフライパンで軽く炒り、冷ましてからミルサーで粉砕する。
※胡桃は渋皮処理がしてある物を使いましたが、もちろん渋皮つきでOK
※無添加(味付けなし)を使います。
※粉砕の度合いは細かい方が飲みやすいです。

←とうきび糖
4)バーミックスで蒸した百合根、胡桃、とうきび糖、豆乳を混ぜ合わせる。
※とうきび糖はミネラルたっぷりで甘味が優しいですが、無ければ黒糖や
蜂蜜でも美味しくできます。
(これらは白砂糖よりも温性なのでこのレシピに最適です。)

5)粘りが出てふっくらしてきたら、使いやすいペースト状になるよう豆乳の量を調整する。
※ミキサーを使う時は豆乳を多めにした方が取り出すのが楽です。

6)飲む分だけ温めた豆乳(150cc程)にペースト状の(5)を好みの分量溶かす。
※炒った黒胡麻を粉砕して一緒に混ぜても美味しいです。
※デザート風で食べる時はムース状のまま器に盛り黒胡麻をアクセントに
トッピングします。
※タッパーに入れて冷蔵庫保存し、飲むたびに豆乳に溶かして飲みますが
冷たい豆乳にそのまま入れて、レンジで一緒に温めると溶かしやすいです。

※朝食代わりになるほどお腹持ちがよいです。飲みすぎに注意です。

-------------------------------------------


百合根の代わりに、杏仁霜(きょうにんそう)を使っても秋冬に適した薬膳茶が作れます。
杏仁霜とは前回ご紹介しました杏仁豆腐の元となる粉です。
通販で簡単に手に入りますが、杏仁豆腐ミックスとして売っているものでは
あらかじめ固めるためのコーンスターチやデキストリンがミックスされている
ものもありますので、内容を確かめて選んでくださいね。
そもそも“杏仁”ではなく“アーモンドパウダー”の場合もありますし無添加の
純度100%のものを探してください☆

レシピを試して「作ったよ〜」って方は是非お写真と感想を送ってくださいね結晶

(横浜校/渡辺)

薬膳のこころ〜秋冬の薬膳茶(1)〜 By 渡辺

晩秋から冬にかけてぴったりなお茶をご紹介します。

まず、この季節はとても乾燥しやすく冷えますから、五臓では“肺”“腎”を
労わり、潤いをもたらし、身体を温める食材をセレクトします。

そして、寒邪の特徴である「凝滞性」「収引性」によって血管も硬くなりやすいので
血管の弾力を高める効能もあれば嬉しいですね。

これらを全て叶えてくれるお茶が・・・

『胡桃と百合根の豆乳茶』です!



薬膳学の性味を見てみると↓

◎百合(根):甘・微寒・肺・心/潤肺止咳、清心安神

◎胡桃:甘・温・肺・腎・大腸/補腎強腰、潤腸、温肺

◎豆乳:甘・平・肺・胃/潤燥清肺、補虚

◎黒胡麻:甘・平・肝・腎/補益精血、潤燥滑腸


中でも「胡桃」は血管の弾力性を取り戻し、動脈硬化や高脂血症のリスクを下げて
くれるというのが近代の分析ですから是非この季節に使いたい食材です。

もう一つ、香り付けと見かけのアクセントに「黒胡麻」も使います。


先日、新鮮な百合根が株のまま手に入ったのでこのお茶を作って一日堪能しました。モグモグ
百合根一株で結構な量が出来たので、半分はムース状のデザートとして
半分は豆乳で更に薄めて飲み物として作り分けました。

ムース状のデザートはタッパーで冷蔵保存して翌日も味が落ちることなく
美味しく頂けます。

豆乳が苦手な方は、牛乳で作っても美味しいです☆

明日はレシピをご紹介致しますねラッキー

(横浜校/渡辺)

薬膳茶(1) By 渡辺

いわゆる“お茶葉”のお茶ではなく、体質に合った材料を組み合わせる
“薬膳茶”を次回から『薬膳学のこころ』で、ご紹介して行きたいと思います。


↑先日からアレコレ材料を揃え始めました。

そうは言っても、生薬の様なものを取り入れる特別なお茶であっては
続きませんし、習慣にし難くい事で意味は薄れてきてしいます。

薬膳の心とは中医学(思想を含む)をベースとした薬膳学的な知識を元に
体質に合った飲食物を選択したり摂取する方法論を身につけると言うことなんですね。

(と、私が表現するとなんだか理屈っぽいですが・・・たらーっ

気を取り直して・・・
とにかく!自分の生活環境の中で簡単に手に入る材料で、普段の食餌を見直す
事がなにより大切です。

シンプルに言うと、冷えがあるならば自動販売機で飲み物を買う時に
好みでつい緑茶を選んでしまうのを温性の紅茶に選択するだけでも
薬膳の心の第一歩なのです。

そんなこんなの前置きを心に留めて頂いた上で、薬膳学アドバイザーコースで
ご紹介しているレシピやお茶をUPしてゆきますのでご参考にして下さい。

追記:
本格的な体質改善など中医師に相談したいケースでは信頼できる先生に
中薬方剤を処方して頂きましょう。
気になる方は良い先生をご紹介できますのでご相談くださいね。

(横浜校/渡辺)

祈りの言葉 By 渡辺

物心ついた頃から、誰に教えられる事もなかったのに
何故か毎日眠る前に“祈り”をする習慣があった。

家には神棚も仏壇もなかったし、法事を行なう本家でも無かったので
先祖代々どんな宗教なのかもよく知らずに育ったのだが、田舎の方には
ちゃんと仏壇があって、法事にお坊さんが来てお経をあげて頂いていたから
キリスト教とは御縁がなかった事だけは確かだ。

でも私の祈りは何故かキリスト教でやるように手を組み合わせるポーズを作って
「世界が平和であります様に。みなが幸せであります様に。」
と心の中で祈る方法だった。

おかしな事にどういう理由から何を切欠に始めたのか?
どこからそんな祈りの言葉と手を組むポーズの発想が来たのか?その
エピソードが全く思い出せない。

ただし、子供心に毎日の祈りは“欠かしてはいけないもの”として義務のように
ぶつぶつとやっていただけで、祈りは決して天使のような気持ちからでも
世界中の見た事もない人たちの平和や幸せを意識したものでもなかった。

それでそのよく解らんけど義務のような祈りの習慣は思春期が来た頃、ハッと我に
返ったように「何で世界平和だよ??」と恥ずかしいような馬鹿げた様な
気持ちになって止めてしまった。
後にそのエネルギーは恋占いや親への反抗に注ぎ込まれる事となる。。。

思春期の自分事だけでカツカツな10代後半から、自力で何でも切り開ける
と過信した20代、人生の意味も考えずただ目の前の事に必死だった30代を経て・・・・

そしていつからだったか、いつの間にかまた、私は祈りだしていた。

ただし、その祈りは子供の頃の様な純粋なものではなく“神頼み”であり
“願い事”になってしまっているし、“祈り”と“願い事”の区別がつかない
そんな厚かましい大人の私は堂々と自分にこう言い聞かせている。

「“祈り”ではなく“願う”と言う気持ちでも、有ると無いでは大違いで
アレコレ不安になったり、ただ心配するなどの“感情”に振り回される前に
『一体自分は何をどうしたいのか』を整理するいい時間になる。」って。

勿論大人になった厚かましい私だって社会正義や道徳心から“世界平和”も祈る。
でも、それに合わせて小我も見つめ続ければ、ちゃんと大我につながるから
正義や道徳心とは違う角度からの静かで感情的に抑揚の無い祈りが生じる事
も知っている。

だから先ずは“神頼み”も“願い事”もちっぽけな小我を知る為には悪くは無い
作業だと思っている。

そんな折、先日読んでいた本の中に書かれていた“祈り”を見て
大人になった私が大切にできそうな“祈り”の言葉を発見した。

何を祈ったとしても、例え願い事が発祥だとしても
既に自分に与えられているものに気づかされる祈りで
祈りながら感謝が溢れてくる言葉だった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 大事をなそうとして力を与えてほしいと願ったのに
   慎み深く従順であるようにと弱さを授かった

 より偉大なことができるように健康を求めたのに
   よりよきことができるようにと病弱を与えられた

 幸せになろうとして富を求めたのに
   賢明であるようにと貧しさを授かった

 世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに
   謙遜であるようにと弱さを授かった

 人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
   あらゆることを喜べるようにと生命を授かった

 求めたものは一つとして与えられなかったが
   願いは、すべて聞き届けられた

 もっとも小さき者であるにもかかわらず
   心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた

 私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ

 人は、さまざまなものを願い求める

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『祈りの言葉』より抜粋
著者:青山 圭秀 出版社: 幻冬舎


(横浜校/渡辺)

エリザベス・キューブラー・ロス By 渡辺

『人生は廻る輪のように』
著者/ エリザベス・キューブラー・ロス



数週間前の休日に、ある著者の本を読破する流れで、ツインソウルについて
書かれている本を読んでいた。「ツインソウルとは心が繋がっているようで
必要な時に必要な情報をくれる・・」という箇所を「うんうん、本当にそういう経験したなぁ」
と、自分の体験を色々思い出しながら読んでいたら、丁度そのタイミングに
そのツインソウルから電話があり「とにかく勧めたい本があるから読んでみて!」と
突然作者の名前と本の題名を繰り返して、殆どそれだけの会話で電話を切った。

このタイミングにくれた情報。
私にとってはとっても大切なものになるのに何の疑いもないから、早速その日
に発注して手に入れてみた。

内容は医学博士・精神科医である“エリザベス・キューブラー・ロス”の自叙伝だった。
彼女は既に他界しているが彼女の代表作『死ぬ瞬間』は今でも世界的なロングセラー
らしい。

1960年代と言う難しい時代に医師としてターミナルケア(終末期医療)と死の科学に
ついて取り組んだ第一人者だった。
医師として“人の精神性”や“魂”と向き合ってきた情熱と苦悩の歴史は壮絶で
政治的にも社会的にも不安定な時代にどうしてそんな勇敢に一人で内なる声に
従って突き進めたのか・・・・。

彼女はたくさんの本を残してくれているから、早速読破するべく他の本も
発注してみた。

・・・・と言う訳で、暫く彼女の軌跡を辿る旅に出ます。。。

後日談ですが、この自叙伝に共感してもらえそうな受講生さんのYさんに
「エリザベス・キューブラー・ロスってご存知ですか!?」と本を紹介しようと
思ったら、さらに数週間前に「今読んでる本がとても良いからおススメです☆」
と彼女から紹介してもらった本が『人生は廻る輪のように』だった。たらーっ

「私があの時紹介した本じゃないですか〜!?イヒヒ

・・・・そう言えばそうだった!
折角Yさんからいい情報が頂けたのに、そのままメモらず忘れてしまったから
ツインソウルまで動かして届いたメッセージだったようです。

(横浜校/渡辺)


薬膳のこころ〜鯖(さば)2〜 By 礼子



鯖の香草焼き

<材料>(4人分)

真鯖1匹・ニンニク1片・ローズマリー適量・小麦粉適量・塩胡椒適量・オリーブオイル適量
バター大1・添え用の青味野菜(パセリ・水菜など。写真はアイスプラント)

香草パン粉・・・麩大3(パン粉でも可)・粉チーズ大3・ニンニク1片・塩胡椒適量・パセリ適量

カレーソース・・・カレー粉小2・ブクリョウ粉小2(小麦粉でも可)・豆乳適量

トマトソース・・・トマト適量(ピューレでも可)・クコの実適量・豆乳適量

<作り方>

〇を2枚におろし、塩・胡椒・スライスしたニンニク・ローズマリー・オリーブオイルをつけて5分ほどおく。

香草パン粉の材料をミキサーにかけて香草パン粉を作っておく。

トマトソースの材料をミキサーにかけて作っておく。

せに小麦粉をまぶし、水を加えた小麦粉を糊状にして△離僖麒瓦鯣蕕量未世韻砲弔韻襦

ゥ侫薀ぅ僖鵑縫リーブオイル・バターをとかし、鯖を両面焼く。

鯖をお皿にあげ、イ縫屮リョウ粉・カレー粉を入れて弱火で炒め、かたまり始めたら豆乳を入れてのばしてソースを作る。

Г皿にカレーソースを敷き、その上に鯖をのせる。周りをトマトソースで彩り、青味を添える。


魚の臭みを消すために、今回はニンニク・ローズマリー・カレー粉などを使ってみた。
ニンニクは温性で風寒を追い払い、強力な殺菌作用がある。
ローズマリーも抗菌や酸化防止の作用があるうえ血行を促進してくれる。
カレー粉に含まれるウコンには肝機能を助ける働きがあり、カレー粉は脂肪を分解したり新陳代謝を促進したりする作用があるので、この時期にはぴったりかなあと思う。
季節によってはカレーソースの代わりにトマトソースをメインにしてもよいだろう。

また以前にも登場したブクリョウ粉は補気・健脾・利水の効果があるのだが、いただいたものがまだあったので小麦粉と同じように使えるか試してみたところ、ちゃんと粘りを出してくれた。
独特の苦みのようなものもカレー粉と合わせることで消え、ブクリョウとカレーがうまいことコラボしてくれたが、これらがないときにはカレールーでも代用できると思うので、気軽にお試しいただけたらと思う。

フランス料理というものを実はよく知らないのだけれど、いつも味噌煮だった鯖料理がこのようになってくれるとは、と嬉しくなった一品だった。
もちろん脂ののった鯖はとっても美味しく、ちょっと力を入れたであろう料理と家族が察して、色々と感想を言いながら食べてくれたのでほっとした。

ああ、天高く馬肥ゆる秋。
ほっとしている間に私もまた、馬に負けず劣らず肥えてゆくのだろう…。


*鯖*
五性・・・平、潤
五味・・・甘
帰経・・・脾・胃・心・腎
体質・・・食積痰湿、消化不良、陽虚の方、妊婦さんは控えめにしてください。
*いくつか漢方薬との食べ合わせがよくありません。服用されている方はあらかじめ含まれているものと青背魚との相性を確認しておいてください。

(横浜校/礼子)
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
全校スタッフ紹介
KYOYU GROUP ACADEMY
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM