<< 薬膳のこころ〜鯖(さば)1〜 By 礼子 | main | レイキ交流会の後・・の教室。 >>

薬膳のこころ〜鯖(さば)2〜 By 礼子



鯖の香草焼き

<材料>(4人分)

真鯖1匹・ニンニク1片・ローズマリー適量・小麦粉適量・塩胡椒適量・オリーブオイル適量
バター大1・添え用の青味野菜(パセリ・水菜など。写真はアイスプラント)

香草パン粉・・・麩大3(パン粉でも可)・粉チーズ大3・ニンニク1片・塩胡椒適量・パセリ適量

カレーソース・・・カレー粉小2・ブクリョウ粉小2(小麦粉でも可)・豆乳適量

トマトソース・・・トマト適量(ピューレでも可)・クコの実適量・豆乳適量

<作り方>

〇を2枚におろし、塩・胡椒・スライスしたニンニク・ローズマリー・オリーブオイルをつけて5分ほどおく。

香草パン粉の材料をミキサーにかけて香草パン粉を作っておく。

トマトソースの材料をミキサーにかけて作っておく。

せに小麦粉をまぶし、水を加えた小麦粉を糊状にして△離僖麒瓦鯣蕕量未世韻砲弔韻襦

ゥ侫薀ぅ僖鵑縫リーブオイル・バターをとかし、鯖を両面焼く。

鯖をお皿にあげ、イ縫屮リョウ粉・カレー粉を入れて弱火で炒め、かたまり始めたら豆乳を入れてのばしてソースを作る。

Г皿にカレーソースを敷き、その上に鯖をのせる。周りをトマトソースで彩り、青味を添える。


魚の臭みを消すために、今回はニンニク・ローズマリー・カレー粉などを使ってみた。
ニンニクは温性で風寒を追い払い、強力な殺菌作用がある。
ローズマリーも抗菌や酸化防止の作用があるうえ血行を促進してくれる。
カレー粉に含まれるウコンには肝機能を助ける働きがあり、カレー粉は脂肪を分解したり新陳代謝を促進したりする作用があるので、この時期にはぴったりかなあと思う。
季節によってはカレーソースの代わりにトマトソースをメインにしてもよいだろう。

また以前にも登場したブクリョウ粉は補気・健脾・利水の効果があるのだが、いただいたものがまだあったので小麦粉と同じように使えるか試してみたところ、ちゃんと粘りを出してくれた。
独特の苦みのようなものもカレー粉と合わせることで消え、ブクリョウとカレーがうまいことコラボしてくれたが、これらがないときにはカレールーでも代用できると思うので、気軽にお試しいただけたらと思う。

フランス料理というものを実はよく知らないのだけれど、いつも味噌煮だった鯖料理がこのようになってくれるとは、と嬉しくなった一品だった。
もちろん脂ののった鯖はとっても美味しく、ちょっと力を入れたであろう料理と家族が察して、色々と感想を言いながら食べてくれたのでほっとした。

ああ、天高く馬肥ゆる秋。
ほっとしている間に私もまた、馬に負けず劣らず肥えてゆくのだろう…。


*鯖*
五性・・・平、潤
五味・・・甘
帰経・・・脾・胃・心・腎
体質・・・食積痰湿、消化不良、陽虚の方、妊婦さんは控えめにしてください。
*いくつか漢方薬との食べ合わせがよくありません。服用されている方はあらかじめ含まれているものと青背魚との相性を確認しておいてください。

(横浜校/礼子)
この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
全校スタッフ紹介
KYOYU GROUP ACADEMY
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM