<< ボランティア実践研修日 | main | 中医学の魅力〜気血津液という概念〜 血 >>

推拿の特徴

推拿(すいな)と言えば、

滾法(こんぽう)や揉法(じゅうほう)等といった、

手首の柔軟性を活かした特徴ある手技や、

多彩な手技の種類がクローズアップされがちなのですが、

それよりもむしろ、

外科疾患だけでなく内科疾患にも対応することができる

というのが特徴だと言えます。

 

推拿ではツボに対して施術を行っていくことが多く、

中医学の考えでは、ツボは経絡を通じて内臓や脳へと繋がっていきます。

ですので、ツボに施術を行うことで、

内臓や脳の働きを調整することができるのです。

 

整体というと、

体のゆがみを整えたり、外科的な症状を改善させていくものだけだと

思われている方も多いと思うのですが、

推拿の整体の場合は、

もちろんそういったことにも対応していきますが、

内科的な症状にも対応できることが特徴だと言えます。

これによって、

内科的な不調や自律神経の乱れなども整えることができるのです。

 

当校のカリキュラムでも、内科的な症状に対する推拿の授業が多くあります。

 

基礎課程(推拿ボディケア科)の場合ですと

〇便秘

〇下痢

〇不眠症

〇むくみ

〇足のだるさ

といった疾病別の授業がございます。

 

専門課程(推拿専科)の場合ですと

〇頭痛

〇近視

〇胃痛

〇風邪

〇喘息

〇鼻炎

〇高血圧症

〇糖尿病

〇更年期障害

〇生理痛

〇顔面神経麻痺

等といった疾病別の授業がございます。

 

「肩こり」や「腰痛」といった症状も

内科的な疾患と捉える場合もあります。

 

さらに、推拿本科で学ぶ薬膳学の知識を持つことで、

手技でのアプローチだけでなく、食事による治療もできるようになります。
 

最近の整体院では内科的な症状や自律神経系の不調で

来院される方も増えているので、

こういった内科疾患に対するアプローチも身に付けることが

整体師にとって必要不可欠なものになってきています。

 

推拿を学びたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

大阪堺校 本田

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
全校スタッフ紹介
KYOYU GROUP ACADEMY
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM