薬膳のこころ〜鯖(さば)1〜 By 礼子



ca va?

いよいよ秋も深まってきた。
急に冷え込んだときは、このまま冬の到来かとにわかに不安にさせられたが、このからりとした空気・澄んだ空・哀愁感じる夕暮れ…。
間違いなく秋まっただ中である感じに、心底安心した。
だって秋のない日本なんて、星のない夜空というかカラメルのないプリンというか大根おろしのない秋刀魚というか…。
で、いきなり失礼したが今回は秋刀魚、ではなく“鯖”である。
初の魚介に挑戦したというところで、冒頭のつまらぬギャグもスルーしていただきたい…。

さて「旬の魚を食すぞ」と鼻息も荒く向かった先は逗子の漁港である。
以前から度々訪れている魚屋さんは、目の前が海だ。
秋の風を感じるこの頃は、まるまると肥えた秋刀魚や鯖、鯵くらいの大きさの鰯などが、目をらんらんと輝かせながら私が来るのを待っていてくれる。
潮の香りのする魚屋さんには、その時期ならではの魚介が捕れたての状態でずらりと並び、ゆえに鮮度は抜群、当然最高に美味しくしかも安いのだ。グッド

ただ魚と同じく活きのいいお店のおばちゃんたちに、一見お客に対する興味・関心・意欲は感じられず、彼女たちに愛想やコミュニケーションを期待してしまうと、もしかしたらちょっと傷ついて帰って来ることになるかもしれない。
私はもうすっかり慣れて、かえってそれが気に入っているのだけれど、以前袋を持参しなかったときには露骨に嫌な顔をし邪険にされたのでかなり凹んだ。ポロリ
そして活きのいい魚を食べて凸んだ。ラッキー

な私に、今回玉虫のように輝くその姿とうるうるとして思いっきり有神な目をアピールしてきたのが、今まさに脂がのった真鯖なのであった。



通年出回っているゴマサバより大きなマサバは体長50僂鯆兇┐襪發里發△訛腓屬蠅併で、春から夏にかけて北上し秋から冬にかけて南下する。
そのため秋サバ(10〜12月)・寒サバ(12〜2月)と呼ばれるこの時期のマサバには脂質が豊富。
「脂」と聞くとなんとなく敬遠してしまいがちだが、ご存知のように魚の脂は必須(不飽和)脂肪酸という体にとって必要な脂だ。
ここでは脂の種類に関しての記述はしないが、必須脂肪酸は体内で作ることができないので食べ物から摂るしかないのである。

ではこの脂がどんな働きをしてくれるのだろう。
必須脂肪酸が含まれるのは主に青魚(特に鯖に含有率が高い)で、主成分は誰もが耳にしたことのあるEPA(エイコサペンタエン酸=IPA)やDHA(ドコサヘキサエン酸)だ。
EPAは悪玉コレステロールを低下させると同時に善玉コレステロールを増加させ、血液の流動性を高めて粘調度を低下させてくれるので、血栓を防いで動脈硬化や心筋梗塞などに効果がある。
DHAは体液の網膜や脳の神経細胞に含まれている成分で、脳の働きを活性化させたり脂肪酸の合成を促進する酵素の働きを抑制して中性脂肪を減少させたりしてくれる。
またセロトニンの分泌を促進し精神を安定をさせるので、最近ではアルツハイマー型認知症や鬱などの症状にも効果的とされている。
ただし、いずれも酸化しやすいのが難点で、酸化すると過酸化脂質となってガンや老化の原因になってしまう。

またよく「鯖の生き腐れ」というが、鯖は消化酵素が強く、死後これによって自己分解を起こして腐敗菌が繁殖しやすいために傷みが早いのだ。
寄生虫アニサキスが発生しやすいことや、鯖に含まれるヒスチジンが分解によってヒスタミンを生成し、アレルギー様食中毒の原因物質になることもあるので、できるだけ鮮度がいいうちに加熱処理し、抗酸化作用のあるビタミン類と一緒に食べるとよいだろう。

その他栄養学的には、糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB群、カルシウムの吸収を助けるビタミンD(特に皮の部分に多い)、血圧を正常に保ったり肝臓の解毒作用に有効なタウリンなどが含まれている。

では次に中医学的効果効能に移る。

 ̄弋げ充勝ΑΑΦい鮃發疝省な水分を排泄する。
寧心補腎・・・腎を補給しいらだちを解消する。
瀉熱明目・・・体にこもった熱を収め、視力を向上させる。

鯖は脂が多く食べ過ぎると胃の負担になりやすいので、もともと消化不良のある食積痰湿の方は注意が必要だ。
「秋鯖は嫁に食わすな」というのも美味しいものは嫁に食べさせないという意味にとらえられがちだが、実は脂の体への負担が下痢や腹痛を引き起こしやすく胎児のためにも食べないほうがいい、という気遣いの気持ちが含まれているらしい。
逆に食が細く、疲れやすかったり体力がなかったりする「虚証」の方は積極的に摂って気や血を補うとよいだろう。

今回はこの脂を1滴残さずいただくフランス風レシピを、ca va?っと考えてみた。


※レシピは明日に続きます。  (横浜校/礼子)

APECでえらいことに・・・ By渡辺

ご存知APECが開催されている“みなとみらい”入り口辺りに横浜校がある。



10月から横浜校と私の住んでいるマンション周辺にもにやたらと警察官が居るなぁ・・・
などと呑気にしていたら、日に日に警察官の数が増えて来て、警察官をよく見れば
背中に「大分」「秋田」「鹿児島」などと全国つづ浦々の都道府県名が書かれてあった。

例のボヤ騒ぎの祭に駆けつけた警察官も秋田か何処かの警察官で
とても訛っていたっけ。

まだ10月の頃は警察官の皆さんはほのぼのとした感じで、目が合えば必ず
「おはようございます」「こんにちは〜」「こんばんは〜」などと声を掛けられた。

しかし、11月に入ると緊迫感が一気にあがってきてビルとビルの隙間を始終チェック
していたり、男性であれば数人の警察官がわっと囲んで行く先を尋ねたりして街は
尋常じゃない緊張状態だ。
なにせ10日11日は閣僚会議で特に昨日13日と今日14日はAPEC首脳会議だしね。

そこで昨日の朝、物好きな私はここ暫くの厳戒態勢がピークを迎えるはずだからと
カメラ片手にわざわざ一般車両立ち入り禁止の会場付近に出かけてみた。

あのオバマ大統領や胡錦涛国家主席にロシアのメドベージェフ大統領が
来ているのだからちょっとウロウロしてみたくなったのだイヒヒ


まぁ・・・さすがに警察官が「最大時は約21,000人(うち特別派遣部隊約14,000人)
を動員して警備を実施している」と発表されているだけあって物々しく見渡す限り制服だらけ。
一般の人よりも警察官の数がおびただしくって見慣れたはずの街は
全く知らない土地みたいに見えた。


先ず横浜校前の横断歩道も警察官が塊で交通規制をしているし・・・



上空にはヘリコプターが何台も飛び交い、交差点には数十名単位
道には2〜30メートルごとに数名単位の警察官。
各ホテルの入り口は取材クルーがわらわらと群がって・・・



コスモワールドは数日閉園で観覧車も寂しそう。


ランドマークタワーの先は通行人しか入れません。通行人より警察官が圧倒的に多い。


ショッピングモールの中も要所に警察官が居て、怪しい動きを見逃すまいと
顔もキッチリみられている・・・


仕方ないとは言え、気の毒なのは商業施設の売り上げの低下。
よく利用するスーパーも30%の売り上げダウンだとか冷や汗
デモ隊も右翼も賑やかでお陰で授業中も落ち着かないけど本日が山場。

無事終了して欲しいです。

(横浜校/渡辺)

板藍のど飴 By 渡辺



up「板藍根(ばんらんこん)」と言う生薬のエキスが配合されている
キャンディーです。

以前、渡辺が酷く喉を痛めた時に漢方薬局に勤めていた
Yさんからこのキャンディー頂き、とても助けられました。ラッキー

このキャンディーは独特の風味があって、如何にも効果がありそうな
ひとくせ癖ある味なのですが「板藍根」の効能があると思えば
なんのその。です。

そもそも板藍根とは中国ではとてもポピュラーな家庭常備薬なのだそうです。
学校でもインフルエンザや感冒が流行する時期には予防的に摂取するため
学級閉鎖が起きないという情報もあるくらい・・・・。

さすが未病治の国!!!びっくり

日本では藍染に使われる「ショウラン」「大青」がそれに当たるそうです。
藍染された衣服は毒蜘蛛や毒蛇が寄り付かなかったり、虫刺されに対しても
解毒・消炎作用があるので、藍色の美しさだけでなく実用的な効能も
持っているというから深い話ですね。

そのあり難い「板藍根」の効能をもう少し紹介しましょう。

【板藍根】
アブラナ科(薬用に根を乾燥さて使用)
性:大寒
味:苦
帰経:心・肺・胃
効能:清熱涼血解毒

--------------
※『中薬学』医歯薬出版社より


中薬学辞書以外の分析ではA型肝炎・ウイルス性肝炎・扁桃腺炎・おたふくかぜ
帯状疱疹など幅広く予防と治療に使われていて、免疫を上げる効果もあるとか。
とにかくインフルエンザなど炎症性の問題に大活躍してくれるんですね。

どうです!
この季節にピッタリの未病治キャンディーでしょう?!てれちゃう

横浜校にどっさり用意してありますので、皆さんご来校時に
お一つどうぞ。。。
(Yさんに買って来ていただきましたチョキ

※このキャンディは中国では『生薬』が使われているため、飴には
出来ないそうです。日本で板藍根は『ハーブ』扱いだから
手軽に頂けるキャンディーとして製品化されているらしいです。
簡単に予防として食べられるのでありがたいですねラッキー

(横浜校/渡辺)

火事です!! By 渡辺

黒島主任が防災訓練の体験をしたとのことで、とてもタイムリーな話題が一つ。。。

一昨日、金曜日の明け方5時頃に、けたたましい火災報知機の警告音で飛び起きた。
「火事です!火事です!速やかに非難してください。」
「火事です!火事です!速やかに非難してください。」
「火事です!火事です!速やかに非難してください。」

部屋と部屋の外から、録音されたアナウンスとサイレンが何度も
繰り返され、寝ぼけながらも何だか尋常じゃない緊迫感を感じた。

最近引っ越したマンションは分譲型のマンションでそれを賃貸しているから
とてもしっかりした設備で新しく、セキュリティーもちゃんとしている。

この前まで住んでいたマンションは古かったので、オートロックが不完全で
5年間のうち何度か火災報知機が誤作動だか悪戯で鳴ることがあった。

でも、今回は他の住人も動いている気配もあり、何かが違う。
「とにかく外に出なくては。」と頭が動き出した。
同時に貴重品と防寒になる服をささっと纏めると、非常階段で階下に下りた。

既に何十人もの住人が非難していて、みんな不安そうに上を見上げていた。
すると、いち早く駆けつけた警備会社の人と、一人のお巡りさんが
「903号室の方はいますか?903号室の警報機が反応しています。」
とか何とか言っている。

煙は無いので、切迫感は無いものの、本当に何も無いのかどうなのかが
解らないらしい。

続々と住民達が階下に集まってきたが、一人暮らしの人が多いせいか
隣近所が顔見知りではないのでワイワイ話す人もなく、みんな静かに
ただ成り行きを見守っている。

女性は勿論ノーメイクだけど、全員しっかり貴重品らしいものを持って
男性でもさすがに寝巻きで飛び出したような人はおらず皆外出着を着ている。
ペットをしっかり抱きしめてる人も数人。
その中で、一人だけちょっと慌てた感じの人が居た。
男性で今起きたばかりと思われるスウェット姿に何も羽織っておらず
貴重品らしいものは持ってないのに、何故かしっかりと傘だけを握っていた・・・。

かくいう私は、ちゃんと外出着だけど、実はよく解らない順番で
下着をつけた(Tシャツの上からブラジャー・・・的な)ので
その男性を笑えない気持ちだったたらーっ

そこから20分後、ようやく神奈川県警のパトカーが到着。
少し偉い感じの中年の警官と若い警官がパトロール中だった警官と
連れ立って9階へ・・・・

また暫くして遠くからでも良く響くあのサイレンと共に2台の消防車が登場。
改めて、本格的に火事現場という空気になった。
消防車が到着して異臭が漂ったけども、恐らく消防車に沁み込んだ
数々の恐ろしい現場のに匂いを連れてきたのだろう。
ファイアマンが当たり前だけど沈着に建物へ流れ込み・・・

それでも相変わらず、9階からは煙も何も出てない。

サイレンと警報機のアナウンスで叩き起こされてから約一時間
真っ暗だった外は段々白んできて、身体もすっかり冷えて
限界に近くなってきた頃に、ようやく神奈川県警の中年の警官から
説明があった。

「9階○○号室の留守宅を調べましたら、タバコの不始末で
部屋中に煙が充満しておりました。火災には至りませんでした。
ご安心してお戻り下さい。」

住民の皆さんは口々に礼儀正しく警察官にお礼を言って
無事に部屋へ戻ることができた。

部屋に帰って改めて「何事も無くてよかったーーー・・・」とホッとした。
火災報知機がちゃんと働いたお陰で、大事になる可能性があったのを
未然に防いでもらったわけだ。

あの機械から繰り返し発してくれたアナウンスの男性にもなんか感謝の気持ちが湧き(笑
警備会社の人も、警察官も、消防士さんにも早くからどうもありがとう。
部屋がこんなに暖かくって、頼もしくって、何事も無いって言う平和が
どんだけあり難いのか・・・思い知らされた朝だった。

で、不謹慎だと思いながらも写真を撮ってしまったのでUPします。




(横浜校/渡辺)

薬膳のこころ〜林檎(りんご)2〜 By 礼子

りんごの杏仁豆腐



<材料>(4人分)

りんご1個・白キクラゲ10g・杏仁霜大2・豆乳(牛乳でも可)2カップ
水1カップ・寒天粉4g・蜂蜜大2・烏龍茶葉大2・クコの実適量

<作り方>

’鬟クラゲは洗って、多めの水で戻しておく。

↓,魏个砲け蜂蜜大1を加えてトロトロになるまで煮る。

食べやすい大きさに切ったりんご、烏龍茶葉を加えてさらに煮、水気が
なくなったら火を止める。

な未瞭蕕貌ζ、水、杏仁霜、蜂蜜大1、寒天粉を入れて火にかけ、よく混ぜる。

ゲ个鮖澆瓠∩毒がとれたら容器に入れて冷蔵庫で冷やしかためる。

Νイ魎錣棒垢蝓△修両紊豊をかけてクコの実をちらす。



杏仁豆腐は杏仁霜があればとても簡単に作れるので、ぜひ試していただきたい一品。
杏仁は、肺・大腸に帰経して肺を潤し痰を切り咳を止める効果が、また白キクラゲは胃・脾・腎に帰経して滋陰・潤肺の効果がある。
また蜂蜜は、甘味の中で1番潤燥や補中の効果が高く、どの体質の方にも合うのでおすすめだ。

喉が弱く陰虚体質の娘が大好きなので、杏仁豆腐は普段からよく作っているのだが、今回果物をプラスしてみることでひと味違った仕上がりになるのを実感した。
りんごの代わりに梨(肺に帰経し、熱を収めて喉の渇きを解消する)を使っても美味しそうだなあ。 モグモグ

また今回は、先日の薬膳料理教室で教えていただいたものを参考に、烏龍茶葉も加えてみたら香りがとってもよくなった。
お茶の葉を料理に使うというのは目からうろこで、私にはあまりにも衝撃的だったのだが、そもそもお茶というのは、喉を潤すだけではなくて香りを愉しむという目的もあるように思うし、実際その効果も大きいと感じる。
季節に合った茶葉をデザートや料理に取り入れていけたら、マンネリ料理も脱出できるに違いない。

見た目・味・歯ごたえ・香り…。
これに聴覚を潤してくれる素敵な音楽や会話があれば、五感を満たす豊かな食卓になるのになあ〜。
などと思いつつも、残念ながら当然ながら、そんな余裕などないてんてこまってる夕方。
今夜も娘は無言のまま10分で食べ終えて、テレビの“嵐”に夢中になり、それをチラ見して食事の進まない息子をついつい叱ってしまう母…という、こっちも嵐かよ?という、五感も何もあったもんじゃない現実に、とほほな気分になったのであった。ポロリ

最後にりんごを食すうえでの留意点をいくつかご紹介。

りんごはエチレンガスを発生させて他の果物の熟成を早めてしまうので、保存するときは、薄めのポリ袋に密閉して0℃前後の冷蔵庫に。
(この性質を利用すると、硬いキウイを成熟させることができます)
切ったリンゴは切り口が褐色になりますが、これは果肉に含まれているクロロゲン酸が酸化したためで、うすい塩水にひたすか、レモン汁をふりかけるとよいそうです。
また、りんごは金属にふれると有効成分が変質するため、すりおろしたり煮たりするときには、金属製でないもので調理するとよいとのこと。

皮ごといただいたり、すりおろしたり、煮たり焼いたり…。
目的に合わせてぜひ色々なレシピを楽しんでみてください。


*林檎*

五性・・・平(涼)
五味・・・甘、酸
帰経・・・五臓六腑
体質・・・どの体質の方にも合いますが、胃腸の弱い方や陽虚の方は控えめに。

*海鮮と一緒に食べると腹痛、むかつき、嘔吐などの症状が出ることがあるので注意してください。


(横浜校/礼子)

薬膳のこころ〜林檎(りんご)1〜 By 礼子

ようやくりんごに辿り着いた! 拍手
というのは、私はもう二十年以上も前から毎朝食にりんごをいただいており、私にとってりんごは、まるで竹馬の友?のような存在なのである。



きっかけは忘れもしない、懐かしの「りんごダイエット」。
それは、朝から晩までりんご以外は一切口にしないという、思えば「ばっかりダイエット」のハシリであった。
当時まだうら若き女子高生だった私は、勉強も部活もそこそこに、周りの友人たちと共にあらゆるダイエットにはまっていた。
血気は旺盛だが知識の乏しい愚かな女子高生は、巷で話題のダイエットに、まるでファッションのごとく飛びついては失敗し、また挑戦しては挫折し、を繰り返したのだった。
当然無理が祟って体調を崩したり、ストレスをため込んでリバウンドしたりと、どれも今となっては痛い思い出ばかりであるが、そのときは周りがみんなそんなだったものだから、自分のしていることに何の疑問も抱かなかったのである。

ところがあるとき、同じようにダイエット教に洗脳されていた友人二人が、1週間で5キロ落としたらご褒美として一人は1ℓのアイスを、もう一人は近所のケーキ屋で売られているホールケーキを食べるのだと、目を血走らせながらげっそりとしていく様子を見たとき、ようやく目が覚めた。
あのときに感じたある種の恐怖のため、以来、一切ダイエットはしていない…。

前置きが長くなったが、朝のりんごは「りんごダイエット」のときの名残で、今でも夏場のまったく出回らない一時期を除いては、朝はたいていりんごかお茶と決まっている。
あの当時、苦痛の中にありながら朝食べるりんごは本当に美味しくて、心なしか体調もわりとよかったのだ。
そしておそらくあの芳しい香りのおかげかとも思うのだが、朝の気分がとても清々しかったのを覚えている。
そう、りんごは“バラ科”花
あのみずみずしく甘酸っぱい香りは香水にも値する、と思う。
水穀の精微はまさに五感を満たしてくれるのであった。

さて長年連れ添っている恋人の真相を知るようでドキドキするが、まずは栄養価を調べてみた。

りんごは、お腹を下したときにすりおろして食べたり、また便秘のときに皮ごと食べたりと整腸作用のある果物としては有名だが、その理由はペクチンの存在だ。
ペクチンは水溶性の食物繊維で、水分を含むとゼリーのような団塊状になり、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のえさとなって、結果、悪玉菌を抑制して整腸作用を発揮してくれる。
またペクチンは、腸内にある消化物やコレステロールなどの老廃物質を取り込んで体外に排出してくれるため、コレステロール値を降下させると同時に血行もよくなり、高脂血症や高血圧、心臓病などに効果的なのである。

さらに特徴的なのは、エピカテキンというりんごに含まれるポリフェノール。
ポリフェノールとは植物が光合成を行うときにできる物質の総称で、抗酸化作用があることで知られているが、このエピカテキンはお茶のカテキンよりもその効果が高く、水と熱に強いという特性を持っている。
一般に糖尿病や肥満、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果があるとされているが、アレルギー症状を抑えたり肌を白くしたりする働きもあるそうだ。
エピカテキンは皮の部分に多く含まれるので(実の4倍)できれば無農薬のものを皮ごといただくのが理想的。

その他、りんご酸やクエン酸が過労物質である乳酸を減少してくれるので疲労回復や抵抗力を高めるなどの効果があり、100g中110mg含まれるカリウムには利尿作用がある。

また、りんごには自律神経の乱れを正常に戻してくれる作用があるとのことなのだが、どうやらこれはあの芳香の効果らしい。
やはり、そうであったか…ラッキー
りんごの偉大な効果に感心しつつ、中医学的効能を確認してみよう。

\個貼畴戞ΑΑδ邸並単佞覆鼻砲諒泌を促進し、肺を養い機能を回復する。
∪暁除煩・・・熱を収め、イライラを解消する。
3胃醒酒・・・食欲を促し、二日酔いを解消する。

りんごは五臓六腑に帰経しており、大変バランスのいい食材。
津液をもたらし渇きをいやし体を潤す作用があるため、特に今の季節にはそれらの効果を発揮してくれること間違いなしだ。
摂りすぎなければどの体質の方にもよく、特に消化不良のある食積痰湿の方や高血圧の方、熱っぽさのある陰虚の方にはおすすめだ。

さて今回は季節に合ったデザートを考えてみた。

※レシピは明日に続きます。

(横浜校/礼子)

夏みかん酒の会 By 渡辺

先日、念願の夢が叶いました〜結晶

・・・・と、大袈裟なテンションですが、やっと礼子先生のサロンに
お邪魔する事ができたのですチョキ


↑礼子先生らしい手作りのサロンのご案内です。

礼子先生は素敵なご自宅の一室で開業しているのですが
玄関先ではハーブやお花や野菜や夏みかんの木が歓迎してくれました。



ところで、“サロンにお邪魔”なんて如何にも仕事の取材のような
大義名分ですが、本当は卒業生さんの親しいメンバー3人が
夏に礼子先生が作った“夏みかん酒”を試飲しませんか?
と言うお誘いを受け、ご馳走になりに行ったというプライベートな
レポートですモゴモゴ


↑洒落たオードブルをプレートに盛り付ける礼子先生。

プレートには食欲をそそる、色とりどりの惣菜たちが乗ってます。
鴨肉のソースがけ、キノコのポタージュ、パプリカの酢漬け
豆腐にクリームチーズと白味噌のトッピング、ラタトゥイユ・・・

特に、クリームチーズと白味噌のクリームが好きでした〜ラブラブ
なんでも、突然「作ってみよう!」と思い立って組み立てたレシピだと
言うから、センスのある人は違うな〜・・・と感心しますびっくり

他は、皆が持ち寄った料理達。
T姉さんは獅子唐の素上げ、カレー塩添えで
Hおね〜さまは名古屋ご出身なので“手羽先揚げ”を・・・
(この手羽先ってば、いつもご馳走になるのですが絶品です!!)

渡辺は・・・・出来合いのフルーツサラダを買ってしましましたたらーっ


↑これが手作り“夏みかん酒”でっす!

サイダーで割っても、夏みかんの香りがしっかりしてて
力強い“芳香”“理気”効果を感じました。
気がぐるんぐるんと身体中を巡るんですよ。
(アルコールの力もありますケドてれちゃう

すっかり、調子に乗って真昼間からホロ酔いまして
T姉さんと渡辺はいい感じに出来上がってしまったのです・・・


↑お祝いのクスダマを割るHねーさま。

実はHねーさまの、お祝いも兼ねた会なので
この様なシーンもレポートですモゴモゴ

本来の黄色いエネルギーと幸せのピンクオーラで
夏みかんの会を、パァ〜☆っと盛り上げて下さいました。

そんなこんなで、皆が心を込めた手料理を持ち寄ったのに
渡辺は手抜きした事を反省し・・・・

礼子先生が手作りする“クラケット”の材料とレシピを
貰ったので昨日早速作ってみました↓



左はタイムリーに手作りジャムを持ってきてくださった
受講生Tさんの力作!
りんごとベリーの赤いジャムと、ラフランスの黄色いジャムです。

右は昨日作ってみたクラケット。
礼子先生のような優しいしっとりした仕上がりにならず
まだまだ修行が足りないなと思ったのですが、Tさんのジャムが
ごわごわのクラケットに沁みてこれが、結構イケマシタてれちゃう

(横浜校/渡辺)

秋の薬膳セミナー By 渡辺

9月30日(木)は待望の『薬膳料理セミナー』を実施致しました赤い旗



おなじみ!薬膳料理家の三浦由喜子先生によるご指導です。
テーマは『秋の乾燥に注意!潤いを保つ、美肌・美髪の薬膳』

薬膳的内容の詳細は【セミナーレポート】にてUPしております。
是非こちらもご覧下さい!
ここでは写真を中心に面白レポートを致しますモグモグ



どど〜んと秋らしい食材です!



三浦先生にご指導いただき、5品の下ごしらえが始まりました。



今回、初参加の男性Sさんは先生に「千切りがお上手ね!」と褒められ
それから、切るのを色々任されてましたねてれちゃう



↑ご飯と一緒に炊き上がった“百合根”を皆にお披露目するTさん。
全員がつまみ食いして「ホクホクでおいし〜!!」モゴモゴと感動しました。

それにしても、この“百合根”って関東の皆さんはあまり料理に使わない
らしいですね!
渡辺は関西人なので、百合根は割りと身近な食材ですから皆が珍しがったり
初めて食べた人も居るのには驚きましたびっくり



↑炊き込みご飯を担当してくださった三浦先生と菊花茶を入れるYさん。

実は・・・今回も渡辺、やらかしました。
材料の買出しは渡辺が担当しているのですが、炊き込みご飯の材料に
“胚芽米”とありました。

今、高い炊飯器で発芽玄米を炊いている渡辺にはそれが“発芽玄米”に
見えてしまい、張り切って「発芽玄米なら任せてっ!自分で発芽させるから!!」
と先走り、当日も鼻息荒く「先生!これ、発芽玄米ですっ。」と言ったとたん
先生は「あら。胚芽米じゃないのね?」と・・・

がーーーーーん冷や汗

確かに材料表には“胚芽米”と書いてあります。トホホです。

先生は「まぁ、いいわよ」ラッキーとあっさり玄米の炊き込みご飯を作ってください
ましたが、普通の炊飯器なので、先生の想像よりも仕上がりが固かった
のかも知れません。

でも、ちゃんと美味しかったです。
結果良しでしたが、今度は早とちらないようにします・・・ムニョムニョ



ドンドン出来上がってきました。
皆さん手際が良いので、配膳もさくさく。



出来上がって、「さて、頂きましょう!」と言ったとたん
各自の携帯で撮影会が始まりましたイヒヒ



今回は2班に分かれて調理しましたが、やはり配膳に個性がでましたね。
同じ工程で作った料理でも、微妙に出来上がりが違って、食器の選択も
違うので並べてみたら面白いモグモグ



気が済んだ所で、やっと試食です。

やはり、食材一つ一つが身体に入ったらどんな効能があり
その効能を引き出すための調理法と味付けがされていると
日常のお腹を満たすだけの食事とは違った味わいを感じます。

この様に、意味を持たせた施膳とは身体もその意味を受け取ります。
毎回の食事にカチカチに気を配りすぎるのもなんですが
全く意識しないのも体調を崩す原因になりうる。

でもちゃんと知識をつければ、日々口にするものを選択するのは
自分なんだと自覚できるようになります。

中医学を学ぶ方は、何事もバランスが大切だと理解されている事と思います。
そのバランスを保つ為の、一つの方法として“食事”の取り方にも気を配る。
それが薬膳学という学問であり、伝統医学の心ですね。

このように、薬膳学料理セミナーでは毎回実践的で日常に中医学を活かす
コツを教えていただけます!
中薬方剤の薬剤師でもあり、薬膳料理家の三浦先生のセミナーを是非是非
皆さんも受けて下さいね。

第3回は1月を予定しております。
詳細が決定しましたら、お知らせいたします☆

(横浜校/渡辺)

サイン By 渡辺

先日ご紹介しました『レイキの光と共に』の著者である
理恵さんがご来校してくださいました☆

ご来校と言っても、学校内の幻のサロンにご予約を頂き
お客様としてご来店くださったと言う形です。

理恵さんの書籍は横浜校でも人気があるので、一部の方に
ご予約の話をしたところ「是非お会いしたい!ラブラブとの事で
誠に勝手ながらご来店いただいた理恵さんに少しお時間を
頂いて交流させて頂きました。

理恵さんにお会いしたHさんは本の中のどの部分について
何を思い、どう感じたのかを自分の体験に重ねて話していた
ところ感極まり声にならなくなってしまったのですが
静かな笑みを湛えた理恵さんに優しくハグされて・・・
とても和やかな時間を作って頂けました。

一つ一つどの言葉も丁寧な理恵さんから
たくさんのメッセージを受け取って
YさんもHさんも、もちろん渡辺も大満足。。。ポッ

しかも、2人共しっかり本とサインペンを持参
していたので、理恵さんにサインまでお願いしました。


渡辺も便乗してサインを頂きましたチョキ

理恵さんにはヒーリングも受けて頂いたのですが
心身ともにバランスの取れている理恵さんから
逆に私が癒された感じでした・・・結晶

そういえば、受講生さんとの交流の時間に
がん患者さんのボランティアのお話を聴かせて頂いたのですが
「私が癒すという感覚よりも逆に“癒されている”と感じます。」
と仰ってましたが、レイキヒーリングは本当にそういうものだな
と体験を通して実感できます。

ヒーリングの時間は互いのエネルギーの交流でもあり
ヒーラーが純粋なエネルギーの通路になっていれば
当然ヒーラー自身もその恩恵を受け取ることになる。

特に、理恵さんはレイキマスターで、経験豊富なヒーラー
でもいらっしゃるので、意識設定しなくても常に微細な波動を
まとっていらっしゃるようでした。

そんなこんなで・・・・
お客様からたくさん癒されて、学ばせていただいた一日でしたモグモグ
(いいのかなたらーっ

(横浜校/渡辺)

薬膳のこころ〜馬鈴薯(じゃがいも)〜(2) By 礼子

じゃがいもの3色もち



<材料>(4人分)

じゃがいも大4個・(ブクリョウ30g・はと麦粉30g:片栗粉や葛粉でもよい)
塩小1・みりん大1・胡麻油大2・黒ごまペースト小2・きな粉大1
(たれ:砂糖大2・しょうゆ大2・片栗粉小1・水小1)

<作り方>

,犬磴いもを蒸して熱いうちにつぶす。

▲屮リョウ・はと麦粉・塩・みりんを,鵬辰┐討覆犬泙擦襦
(なじまないときは水を少々加える)

△3等分し、1つはそのまま、1つには黒ごまペーストを混ぜ、残りには
きな粉を混ぜて、食べやすい大きさにまとめる。

ぅ侫薀ぅ僖鵑北をしき、両面を焼く。

イ好みでたれをかけてできあがり。


写真手前:そのままのものにたれをかけかぼちゃの種をのせたもの。
  左奥:黒ごまに黒みつをかけ松の実をのせたもの。
  右奥:きな粉にたれをかけクコの実をのせたもの。


今回は薬膳料理教室のときのブクリョウとはと麦粉を混ぜてみた。
どちらも脾や胃に帰経して健脾の効果があるのだ。
じゃがいもが崩れてしまうかと思ったが、水を加えたら案外うまくまとまり、味も気にならなかった。

また材料にはないが仕上げに実をのせることで触感を楽しめ、滋陰効果抜群の黒ごまペーストも様々な料理に使えるのでどちらもおすすめだ。
子どもたちの反応もよかった ラブ
ほっ。
料理は、食材と調理法と作る人のモチベーションが大事である。

というか、料理とは食べる側が「食べたい」と思え、作る側が「作りたい」と思えるという、両者の相互作用で成り立っているような気がする。
食を介してのコミュニケーションは、ひいてはお互いの健康に影響を及ぼすと言っても過言でないかもしれない。
食育がさかんになっている昨今だが、難しいことはさておき、ゆったり笑いながら「美味しいね」って食卓を囲めればオッケーなんじゃないだろうか。

さて、じゃがいもの良さは栄養価や効果の他に、なんといっても保存がきくことであろう。
8月に収穫したじゃがいもが、まだまだ甘く美味しくいただけるのは本当にありがたい。
じゃがいもは光に当たると光合成により有毒物質ソラニン(じゃがいもの芽の部分や緑色等に変色した皮に含まれ、腹痛・嘔吐・下痢などを引き起こす)を生成するため、常温で通気性のよい冷暗所に保存する。
また、りんごを入れておくとりんごから出るエチレンの作用で発芽を抑えることができるそうなので、ぜひお試しを。 グッド


*じゃがいも*
五性・・・平
五味・・・辛・甘
帰経・・・脾・胃・腎
合う体質・・・肝陽上亢、高血圧の方には非常によいです。陽虚で冷えのある方やお腹が張りやすい方は控えめに。

食べ合わせに関する注意は特にありません。


(横浜校/礼子)
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
全校スタッフ紹介
KYOYU GROUP ACADEMY
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM